ニコチン依存症の症状と対策

ニコチン依存症の症状と対策についてのサイトです。ニコチン依存症はタバコの喫煙からおこります。タバコは体に良くないので禁煙してニコチン依存症を治しましょう。

サイトトップ > 減煙は効果が薄い

減煙は効果が薄い

減煙を健康のために行なう人がいます。

たしかに、タバコを吸う量は減るかもしれません。

軽いタバコを吸うのと一緒で深く吸ったり、根元まで吸ったりして吸うペースを自分で調節する場合が多く健康のことを考えると効果が出にくいといえます。

それに、タバコをさらにやめづらくなる原因にもなりかねません。

例えば、目覚めてその日に初めて吸うタバコはとても美味しく思えませんか?

それは体が寝ている間は喫煙できずニコチン切れなるからです。

ニコチン切れになった体にニコチンが補給されることでいつもより吸った満足感が増すからです。

減煙も一緒で、吸う感覚が長くなるほどニコチン切れの症状は強まり1本の喫煙で得られる満足感が増すためタバコから余計に離れずらくなってしまいます。

本当に健康のことを考えるのなら減煙はやめて禁煙をしましょう。