ニコチン依存症の症状と対策

ニコチン依存症の症状と対策についてのサイトです。ニコチン依存症はタバコの喫煙からおこります。タバコは体に良くないので禁煙してニコチン依存症を治しましょう。

サイトトップ > ニコチン依存症 ニコチンの強い依存性

ニコチン依存症 ニコチンの強い依存性

ニコチン依存症になる前はどんな時でもタバコをやめるれると考えながら喫煙し始めたのに、気づいたらタバコから離れられなくなっています

そして禁煙に挑んでもまた吸ってしまいます。

ニコチン依存症の原因であるニコチンはとても強い依存性があります。

そのため一人ではニコチン依存症を克服することはとても難しく治療が必要な病気とされていて、

禁煙外来という専門医が禁煙を直接指導する病院もできています。

しかしニコチン依存症とタバコを吸うのとはどんな関係があるのでしょうか。

まずタバコを吸うと一瞬で脳までニコチンがまわります。

ニコチンが脳にまわると快感をかんじさせるドーパミンというホルモンが分泌されます。

ドーパミンは喫煙者に快感を与えます。

そしてニコチンが切れるとドーパミンが分泌されなくなり、また快感を求めてタバコを吸いたくなるわけです。

ニコチン依存症とは快感をあじわいたいがためにタバコもう一本もう一本と吸い続けてしまう悪循環にはまってしまうわけです。

ニコチン依存症は病気です。

風邪やインフルエンザが自分だけでは治すのが難しいようにニコチン依存症も自分だけで治すのh難しいです。

迷わず、恥ずかしからずまずは病院に行ってみましょう