ニコチン依存症の症状と対策

ニコチン依存症の症状と対策についてのサイトです。ニコチン依存症はタバコの喫煙からおこります。タバコは体に良くないので禁煙してニコチン依存症を治しましょう。

サイトトップ > ニコチン切れ?タバコを吸うとスッキリするわけ

ニコチン切れ?タバコを吸うとスッキリするわけ

タバコを吸ったときにストレスと思われるイライラなどの不快感がサーッと消えてく感覚を喫煙者ならどなたでも経験されたことはあるはずです。

そんなイライラを手軽に解消するためにはタバコは必要不可欠という人少なくはないでしょう。

しかしタバコを吸うとイライラを本当に解消できるのでしょうか?

本当はイライラの原因は仕事や家庭などの日常生活だけが原因ではありません。

喫煙後1時間もたたない内に血液中のニコチンが少なくなりイライラの症状が再発します。

これをニコチン切れ症状といいます。

喫煙者が日常生活で感じるストレスから来ると思われたイライラの原因の多くはタバコを吸っていることで起こるニコチン切れ症状の可能性が高いのようです。

仮に、ストレスだとしたら最もリラックスするはずの寝起き直後にタバコを吸いたと思うはずがありません。

喫煙は喫煙そのものが原因でイライラをまねき、もう一本で吸う事でイライラを抑えるという悪循環なのです。

喫煙という悪循環から脱出することでイライラなどのニコチン切れ症状から開放されるのです。